ハッピーアートプロジェクト

主催:Wonder Art Production(高橋雅子事務所)

(平成30年度)助成: 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業​

(令和元年) 助成:一般財団法人 日本児童教育振興財団

Happy Art Project

Organized by Wonder Art Production

Supported by Health, Labour and Welfare Ministry, National Hospital Organization(2018)

​      The Foundation for the Advancement of Juvenile Education in Japan(2019)

© 2018 Wonder Art Production

EXHIBITION

“生きる”を輝かす-Happy Art Project- <開催に寄せて>

 

 

25年前、生死をさまよう母の病室で、病院に色彩をはこびたいと考え始めました。

やがて、いのちの現場を巡るホスピタルアートに奔走することになり、

全国各地、そして海外の病院へも向かいました。

 

重度心身障がいの人々と出会ったのは10年前のことです。

それまで出会ったことがないほど重症の身体・精神・知的・重複障がいがあり、

医療的ケアも必要で、出生後まもなく入院し、終生そこで暮らす人もいました。

しかし病棟には、それぞれにあるがままの日常があり、

それを支える人々が温かくケアする日々が流れていました。

 

彼らと色のコミュニケーションを行うと、感動的なほど豊かに表情が変化し、

それに心打たれ、魅了されました。

ひとりひとりの違いが著しく、濃縮したように濃い彼らの個性に接すると、

私たちは社会に適応するために、自分の固有性を薄め、失ってきたのだろうか?

とさえ感じさせられました。

ストレートでナチュラルな反応に引き込まれ、ともに童心に帰る楽しさ。

ともにおなかの底から笑う爽快感。それは、この地球上に同時代に生きる、

まさにいとおしい同胞たちでした。

 

重症心身障がいは誰にでも罹りうるものです。

そして全国には4万3千人もの人々が、重度心身障がいをもちながら生きています。

 

本展を通して、その存在と個々の個性を感じて頂けたら嬉しく思います。

そして、彼らの“生きる”輝きが、みなさまの心を輝かせ、

彼らとともに、同時代に生きていることをご共感頂けたら、

これ以上の幸せはありません。

 

喜びに輝く人間の笑顔は、最強のバリアフリーだ!と信じています。

 

 

ホスピタルアーティスト/Wonder Art Production主宰

​高橋雅子

25 years ago, I was in the hospital room of my mother who was then hovering between life and death. At that time, I’ve come to think that I want to bring colors into that room. And before long, I started to visit a number of hospitals, both inside and outside Japan, to deliver “hospital art” to the places where people are fighting for their lives.

 

It was 10 years ago that I encountered with people with severe physical or mental disabilities. Until then, I had never met anyone who had such serious disabilities; physical, mental, retardation or multiple of those. Some of them also needed medical care, thus were hospitalized as soon as they were born, and there were even people who spend their whole life in there.

But in their hospital wards, each of them had their own daily life,

And there were people who support their lives, taking care of them warmly.

 

When I tried to communicate with them using colors, their faces changed so obviously that I was truly moved and fascinated.

Each one of them showed all different responses, and I could tell they had very much concentrated individuality. Dealing with such people, I even felt that we might have sacrificed our individuality in order to adapt to our society.

 

I get entranced by their straight and natural responses, and we go back to our childhood together.

It was such a refreshing feeling to have an easy laugh from the pit of our stomach with them.

Yes, they are our precious fellows who live on this earth in the same era.

 

Severe disability could happen to anybody.

And there are as many as 43,000 people in Japan who have such severe physical/mental disability.

 

It would be my greatest pleasure if you could feel, through this exhibit, such values and wonderful individuality that they have.

And it would be even more wonderful if their shining “lives” could further brighten up your heart,

reconfirming that they are our precious neighbors who live on this earth in the same era.

 

I believe that people’s faces irradiated with joy are the most powerful “barrier-free”!

 

Masako Takahashi

Hospital Artist/Director, Wonder Art Production

“生きる”を輝かす!HAPPY ART PROJECT

    by Masako Takahashi, Hospital Artist

    ~ 重度心身障がいの人々と創作の日々~ 

 

 

<会期・会場>

●2019年3月5日(火)~3月11日(月)8:00~20:00 

 東京シティアイ 

(東京都千代田区丸の内2丁目7-2 KITTE地下一階)
・東京駅地下道で直結
・東京駅丸の内南口より徒歩1分

★施設の事情により、東京シティアイでの大型展示は中止になりました。

 「配る展覧会」は予定通り設置致しますので、是非お立ち寄りください。

 大型展示は会場を変更し、東京交通会館前で展示します。

●2019年3月9日(土)11:00~17:00

●2019年3月21日(祝)11:00~17:00 

 東京交通会館前

(東京都千代田区有楽町2丁目10-1)
・JR山手線・京浜東北線:有楽町駅より徒歩1分

●2019年3月14日(木)~3月17日(日)10:00~16:00 

 ワンダーアートスタジオ

(宮城県仙台市若林区荒町172 第一旭ビル)

  • 仙台市地下鉄南北線「愛宕橋」駅 東1出口から徒歩8分

  • 仙台市地下鉄南北線「五橋」駅 南2出口から徒歩10分

  • 仙台市営バス「東八番丁」バス停より徒歩3分

●2019年3月24日(日)~3月25日(月)3/24は11:00~22:00、3/25は9:00~17:00 

 かがやきプラザ 1階ひだまりホール

(東京都千代田区九段南1-6-10)

・東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅から徒歩5分

 

<入場無料>

主  催:Wonder Art Production(高橋雅子事務所)

助  成:平成30年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

後  援:厚生労働省、独立行政法人国立病院機構

     公益社団法人日本重症心身障害福祉協会、日本重症心身障害学会

          【東京展】東京都、千代田区、千代田区教育委員会

          【仙台展】仙台市、仙台市教育委員会  

協  力:国立病院機構宮城病院、国立病院機構福島病院、国立病院機構三重病院、東京小児療育病院